Climb every mountain

大自然の中にいるのがいちばん落ち着きます。40代後半からセミリタイヤ&節約生活をスタート、毎週のようにお山に登っています。

皇海山から庚申山へ 奇岩巡りとコウシンソウ

6月半ばの週末、上州の100名山 皇海山へ。 アクセスが難しい山で、今回は沼田近くのペンション、オウレットさんに前泊し、群馬側の皇海橋からアプローチ。 宿の車でダートの林道を1時間以上かけて送迎してもらう。ありがたいサービスだ。皇海山までは沢の急…

ミヤマキリシマ三昧 九州の3座を3日間で巡る山旅

6月3日から5日にかけて、南九州のお山巡りを楽しんだ。 1日目 100名山の韓国岳と大浪池 朝、羽田から鹿児島へ。富士山がきれいに見えている。 霧島連山は火山警告レベルが高く、残念ながら硫黄岳には登れないが、大浪池を半周して韓国岳、そこからえびの高原…

ただいま九州訪問中。晴天なり!

週末を利用して九州へ遠征中。 今日はミヤマキリシマの咲き乱れる高千穂峰へ登ってきた。 うっすら見える桜島を眺めつつ、さらに南へ移動中。 あと一日、お天気よ、もってくれ~ またレポートします。ありがとうございます。クリックで応援いただけると、と…

忘備録 5月のお山 甲斐駒ケ岳・立山・山菜山行

はや6月!忘れないよう、5月のお山の忘備録。 甲斐駒ケ岳 GW前半は初・南アルプス、甲斐駒ケ岳。歌宿から入って北沢峠でテント泊。 駒津峰から山頂までは直登ルートをとらず、長いトラバースの夏道を行く。 滑落できないので、ここが一番気を遣ったかもしれ…

認知症の母と過ごす「母の日」

引っ越しやらGWやらですっかり更新が滞ってしまった。 引っ越し先では想定外の騒音問題に悩み、でもGWは南アルプス・北アルプスでシーズン最後の雪山を楽しんだ。また追ってご報告を。 (2016年7月 イタリア ドロミテ)週末は田舎で家族と過ごした。認知症(…

すっかり春の趣、谷川岳 

週末は谷川岳へ。 春山の雪上訓練と実践登山の2日間だ。 見てください、この穏やかな空気!もうすっかり春の風情。 天神尾根は1箇所ちょっと嫌な岩の露出があるが、その他はトレースもばっちり。岩がゴロゴロしている夏道よりはずっと歩きやすい。 ゆっく…

春の京都 喧騒を逃れ、鞍馬山から貴船神社へプチトレッキング

4月の第一週、桜を求めて京都へ。 この時期の京都駅周辺は国内、海外からの旅行者で恐ろしいほどの混雑・・。自分たちは都を抜け、一車輛で運行する叡山電鉄の最終駅、鞍馬へ。 駅には鞍馬天狗も。 牛若丸とのゆかりが深く、至るところに源義経の若き日にま…

教わったことを、次に繋げる

山のサークルの総会に出席した。 いろいろな内容があったけれど、最も記憶に残っているのはベテランの先輩陣のことば。 「ネットが充実した今、それで十分繋がっていけると思う一方で、ひとと直接会い、ひとに直に伝える、それが大事だと感じています」「訓…

凍てつく小雨の中、岩場訓練 

週末の土日は久しぶりの岩場訓練。土曜日も寒かったが、日曜日は小雨の中を決行。訓練場所は奥武蔵だが、殆ど冬山装備を着込み、ホッカイロを貼り付けて臨んだ。演習内容はビレー、事故脱出、懸垂下降。 今回はじめて懸垂下降を担当することになり、初心者の…

4度目の唐松岳は強風、途中撤退

3月の3連休を利用して北アルプス、唐松岳へ。 今年で4度目になるが、山頂からの圧巻の景色は筆舌に尽くしがたく、毎年でも登りたい山のひとつだ。 (昨年、2016年3月の唐松岳) 初日は八方スキー場のゴンドラ、リフトを乗り継いで、八方池山荘へ。食事がおい…

3年3度目の赤岳、八ヶ岳連峰は快晴!

いろいろバタバタですっかり更新が滞ってしまった。。。先週末は、八ヶ岳連峰の赤岳へ。 毎年恒例の赤岳山行、今年も楽しみにしていたのだが、雪洞堀りの後から腰痛が悪化。悩んだ挙句、テント泊は辞して、メンバーとは別にひとり小屋泊での参加となった(涙…

蔵王 樹氷トレッキング 東北の避難小屋に初泊り

2月の第3週の週末、蔵王の樹氷を見に出かけた。仙台駅から蔵王ライザワールド スキー場へ。 リフトを2つ乗り継ぐ間にも、樹に着いた雪の状態がどんどん変わってくるのが分かる。 リフト降り場から、スキーヤーがボーダーが樹氷フィールドへ飛び出していく。…

『はじめてのヒマラヤ登山』 ~オンナ5人がヒマラヤ・デビュー! 楽しくも過酷な体験記~

楽しく再読した1冊、『はじめてのヒマラヤ登山』(”目指せ、ネパール”登山チーム著、2013年、誠文堂新光社刊)をご紹介。 登山ガイド、画廊職員、主婦、看護師、フリーライター、登山ガイド、というそれぞれ違った背景を持つ女性5人が、期間限定でチームを組…

2年越しのチャレンジも撤退(涙) でも、自分が諦めるまでは ”負け” じゃない

週末は谷川岳山系に雪洞堀りに。 テントではなく、積雪地に横穴を掘って泊まるという企画。昨年、雪が少なく途中撤退しているだけに、参加のみんなも今年こそはという気持ちだ。快晴微風、雪も申し分なさそう、と気分もあがる。 が、掘り進めるうちに木の枝…

今日登ってきました! 快晴・微風の入笠山 (1955.1m)、雪山初心者入門編

3週連続で悪天候に見舞われちょっと凹みがち・・ でも今日は違います(胸張り)。快晴の入笠山をGet! って、ちょっと雲が上がってきているね。まあ、12時過ぎなので致し方ない(と言うことで)。 入笠山は南アルプス領域の端に位置する山で、最寄り駅はJR中…

冬の蔵王 アクセスポイントの仙台「さいち」でおはぎ

蔵王で樹氷トレッキング! なのにまたもや荒天の週末、登頂は叶わず。わずかにモンスターを楽しめたのがラッキーかな。レポートはまた追って。 写真は仙台、秋保の有名スーパー「さいち」のおはぎ。噂には聞いていたが、パック入りのおはぎがずらりと並ぶ様は…

100歳を祝う

学生時代の友人と3か月振りに会う。誕生日の近いふたり、合わせて100歳記念のランチである。 (広尾 Jasmine。料理とサービスの行き届いた鉄板のお店)若いころに仲の良かったメンバーも、仕事、生活スタイルが分かれてくると、同じように付き合うのは難しい…

春を呼ぶ花 ぴかぴかの福寿草

2週連続で雪山中止。しかし、今週末は実際に開けてみたら結構な好天だったような状況で、ちょっとフテクサレ気味。金曜夜の時点では猛烈吹雪きと強風予報。それで自分たちで判断したのだから仕方ないのだが。。 他の山に登るというメンバーと別れて、自分は…

80歳が車を手放す

田舎の母が車を手放すことになった。齢80歳である。初期認知症の治療を始めた1年前から家族の反対が強くなり、車に乗るのは近くのスーパーや友人訪問くらいになっていた。世間でも高齢者の車事故が多発し、免許の返納タイミングが議論されていた頃だ。 (敬…

はちみつには〇〇 鉄板コンビはコレ

去年、歩荷訓練で固形物がうまく食べられなかった時に、はちみつのパワーを実感した。 それ以来、調子が悪かったり、食欲が落ちたりすると、時々はちみつのお世話になっている。 annee.hatenadiary.com 組み合わせるのはこれ。 エネルギーとミネラル、ビタミ…

はちみつで歯磨き? 目くるめくはちみつの世界「ひとさじのはちみつ」

風邪ひき中に読んだ本、3冊目。「ひとさじのはちみつ 自然がくれた家庭薬品の知恵」(前田京子著 2015年 マガジンハウス刊)昨年新聞の記事で見つけ、これは良い!と取り入れているはちみつウォーター。甘い飲み物は苦手なのだが、これは体にすっと馴染み、…

久しぶりのOFF・・ 、寝すぎて腰が痛い

ヤマ友と計画していた北八ヶ岳。 2日間のうち、1日でも天気が良ければ決行しようと準備していたのだが、直前に2日間とも雪の予報に変わる。うーん。交通機関・山小屋利用の予定だったし、お金と時間を掛けて視界の無い雪山歩きもなあ。というわけで、直前キ…

稲垣えみ子さん本第2弾「アフロ記者が記者として書いてきたこと。退職したからこそ書けたこと。」

風邪ひき中に読んだ本、2冊目。 「アフロ記者が記者として書いてきたこと。退職したからこそ書けたこと。」(稲垣えみ子著 2016年 朝日新聞出版)先日読んだ「魂の退社」がめちゃくちゃ面白かったので、第2弾として読んでみた。 annee.hatenadiary.com朝日新…

「必要十分生活」に憧れる 

風邪でおとなしくしていた数日、久しぶりにゆっくり読書を楽しむ。 1冊目は「必要十分生活」(たっく著、2015年 大和書房)。自分は持ち物が少ない方だと思うが、世の中のシンプリストやミニマリストの生活は桁違いだなぁと驚かされる。この著者もこだわりぬ…

土合山の家でカニ♪ 訓練中に食べた美味しいもの

寒暖差にやられて風邪で寝込んでいた。年末からずっと予定びっしりだったので、疲れが出たのかな。2泊3日間の訓練で疲労のピークが来たのかもしれない。 おかげさまで今日はだいぶ体も楽になり、気持ちも上向きになってきた。 さて、先日の訓練、食事がリッ…

2泊3日の山岳レスキュー 訓練 駆け足で振り返り

週末に積雪期山岳レスキューの訓練に参加してきた。 密度の濃い講義はとても有益で、もっと勉強してしっかり身につけなければという刺激になった3日間だった。では、簡単に振り返り。 1日目 13時から開講式・オリエンテーション。 講師陣の紹介の後、雪崩に…

雪崩レスキュー訓練中

今日は雪崩遭難のレスキュー訓練。ラッセルも掘り起こしも嫌と言うほどやって、ボロボロである。。明日は最終模擬実技。 がんばるぞ!ありがとうございます。クリックで応援いただけると、とても励みになります。 にほんブログ村 にほんブログ村

雪崩について勉強中

2泊3日で雪山講習。 今日は雪崩についてのスライドや動画をたくさん見せてもらう。その後はフィールドに出て雪崩の弱層チェック。 初めてのことが多く、面白い。詳細はまた追って。ありがとうございます。クリックで応援いただけると、とても励みになります…

明日から雪山トレーニング 夏山フライト3つ目も確保したよ

明日から泊りがけで雪山トレーニング。装備に漏れの無いよう、チェック&チェック。 1年前、ヤマ友から『良かったよ』と聞き、応募開始日をずっとスケジュールに入れておいて申し込んだ、2泊3日の訓練だ。少し前の自分からは想像もつかないが、ここ数年、雪…

夏山の下敷きを作りつつ、春山を計画中 行こう、北アルプス!

今年の目標を悩みながら立ててみた。 annee.hatenadiary.com今思うと、かなりシンプル。超ど真ん中。でもまあ、それがその時の気持ちだったんだなあ。「雪山の技術を落とさない」のテーマの元、今はとにかく雪山の計画を入れているところ。今日は3月の北アル…

夏山のフライト2つめを予約 涙がでる・・

先ほど今年の夏山計画2つ目のフライト予約が無事完了。 マイレージ会員特典で一般より一日だけ早く予約できるのでPCに貼りついていたのだが、昨日先行しているプレミアム会員・有料会員予約で、すでに良い席は埋っていた。それにしても、はー。高い。 なんで…

日本で一番小さなキツツキ コゲラ@高尾山

先日、高尾山でシモバシラの”氷の花”探しをしてきた。 annee.hatenadiary.com氷の花を探し、北斜面、北斜面の巻き道を地味ーに歩く。寒い日陰は歩く人も少なく、静かで落ち着ける道だ。時折、鳥の鳴き声もする。 ひたひたと歩き、小さなシモバシラを見つけて…

本日登ってきました 高尾山、2週連続で”氷の花” 

今年はシモバシラの”氷の花”が豊作と話したら、見てみたい、という友人が。2週連続で高尾山に登ってみる。annee.hatenadiary.com7時半過ぎに京王線高尾山口駅に集合し、稲荷山コースからゆっくり登る。1週間前と較べるとずいぶん暖かく、人出も多くようだ。…

冬山でおススメの飲み物 ホットワイン(ヴァン・ショー)

雪山はテント内滞在時間が長い。何しろ外が寒いから、テントを張ったらすぐに逃げ込むことになる。そして、冬の朝は遅い。太陽が出るまではじーっとテント内で我慢だ。たいくつを紛らわすべく宴会が始まる。それこそ、飲む酒が無くなるまで続く(飲みつくし…

寒いけれど、暖房器具は使いません (、まだね)

毎日寒いですね・・ でも、ガス・電気等の暖房器具はまだ使用していない。断捨離で電気カーペットとはおさらばしたので、我が家にあるのはエアコンのみ。夏もあまり稼働しなかったが、秋・冬もまだ出番無しだ。さて、暖かさのコツは以下3つ。・重ね着×重ね着…

「魂の退社」 会社を辞めるということ 稲垣えみ子

(元)朝日新聞の”アフロヘア記者”で有名になった稲垣えみ子さんの「魂の退社」(2016年 東京経済新報社刊)を読んだ。おもしろかった! 自分と年齢が近いため、育った社会環境や時代の流れ、モノの価値感(というか、そう教えられて育ったコト)にとても共…

零下15度+ 北海道の”霜の花” 朝日新聞1月16日付夕刊より

高尾山の”氷の花”を楽しんだ週末だったが、寒さ厳しい北海道では、なんと水蒸気が凍って花になるのだそうだ。 厳しい寒さが続く北海道の河川や湖の岸辺で、氷の上に「霜の花」が見られるようになった。立ち上る水蒸気が冷気に触れて一瞬で凍り、氷の結晶が花…

新春恒例 景信山でお餅つき

寒波に見舞われた週末。高尾山から景信山に登って、餅つき山行。 山頂にある景信茶屋で予約すると、時間に合わせてもち米を炊き上げてくれる(一臼二升¥6500。一升からでも注文できるのかもしれない。特製の柚子ダレは1回分¥1000)。臼、杵、ボールは貸して…

今が見頃! 高尾山の風物詩 ”氷の花”

最強寒波でシバレる空気の中、高尾山へ。お目当ては”氷の花”。 annee.hatenadiary.com 朝7時過ぎ、京王線高尾山口駅を降りると人が少ない。さすがにこの寒さで出足が落ちているらしい。気温は4℃。ゆっくりゆっくり稲荷山コースを登る。途中の見晴台からスカ…

この夏、登るべき山

最強寒波の訪れで、寒い寒い1日。今日はヤマ友の家でこの夏の登山計画会議。 ・・という名の、ゆるゆる飲み会(になってしまった。やっぱりね)。でも、方向性が決まり、気持ちは夏の爽やかな風に吹かれている心地だ。こんな風に計画を練っている時は、最高…

高尾山 シモバシラの”氷の花”

全国的に最強寒波がきているこの週末。寒いのは嫌いだが、この時期ならではの楽しみが、高尾山の”氷の花”。 (2015年1月撮影)シモバシラはシソ科の多年草。茎は冬になると枯れてしまうが根は水を吸い上げ続ける。外気温が氷点下になると吸い上げられた水が…

2017年の抱負 今ごろですが

今年をどんな年にしようか、ずっと考えていた。毎年、1年の目標を考え、手帳に書きつける。それを時々見返してみる。今年は無理だとして、いつかやってみたい夢、それも手帳にメモし、時々見返してきた。 そうやって何度も心に刻むことで、少しずつ、自動的…

(昔)あああ、やってしまった⤵ (今)もういいや、それで良いことにする

久しぶりにやってしまった。癇に障ったメールに対して、ピシッとリターンを決めてしまった・・ 昔の自分 冷静になってから深い自己嫌悪。人生半世紀近く生きてきて、まだこの未熟ぶり。まだまだですな・・・ (と、ひとしきり落ち込む。やりとりを再ループす…

赤城山テン泊で食べた美味しいもの

テント内で写真を撮ると、どうしても美味しくなさそうになってしまので嫌なのだけど、「どうやって焼いているの?」と質問をもらったので、ご参考まで。自分は100均の網焼きにアルミホイルを敷いている(直焼すると貼り付き過ぎるのでね)。今回、椎茸に醤油…

薄雪の赤城山 山頂にテン泊してプチ縦走

3年ぶり、3回目の冬の赤城山。からっ風で有名な群馬県の百名山だ。 JR前橋駅11:40発の赤城ビジターセンター行きのバスに乗車。車窓から見える景色にはまったく雪なし! うえー、どうなっちゃうの?と思ったが、せっかく来たのだからとにかく登ってみなくては…

受け取ったら、次に渡さなくては

登山を終えるたびに、無事に戻ってこられたことを感謝する。 事故の多い下山時は特に、集中しろ、絶対転ぶな、と念じながら歩いている。山のサークルに入って、たくさんのアドバイスをいただいてきたのだが、1番多く心の中でつぶやいているのは”遭難タイム”…

群馬の百名山 薄雪の赤城山をプチ縦走

普通は日帰りする群馬県の赤城山。今回は雪山テント泊企画で、プチ縦走を試みた。登山口ではええっ、と驚くくらい雪が少なかったが、山頂はそれなりに。 そして、そこから望む上越方面の山々は神々しい輝き。 うーん、素晴らしい。。 いつか登りたいなあ。 …

雪山の朝食は棒ラーメン 煮玉子を仕込み中

週末に向けて、雪山準備中。今回は近場の山だけれど、敢えてテントでプチ バリエーションにする予定。 、ということで、テン泊ご飯を仕込み中。 今回は「朝からラーメンは、、」などと言う輩はいないので(山で食事にケチをつけるなんて冒瀆だっっ)、軽くて…

「預言者」 The Prophet カリール・ジブラン

カリール・ジブランの「預言者」を久しぶりに手に取る。(1984年 至光社 佐久間彪訳) 愛は愛自身のほか何も与えることなく、愛自らしか受けることがない。 愛は所有せず、また所有させない。 愛は愛だけで十分なのだから。 愛しているとき、神が私の心のな…

「置かれた場所で咲きなさい」  渡辺和子さん逝去 天声人語より

昨年暮れに89歳で亡くなったノートルダム清心学園理事長 渡辺和子さんのことが、朝日新聞 天声人語で紹介されていた。 雪の朝、愛する父親が自分の目の前で凶弾に倒れる――。(中略)陸軍教育総監だった父渡辺錠太郎氏は昭和11(1936)年2月26日、…