Climb every mountain

大自然の中にいるのがいちばん落ち着きます。40代後半からセミリタイヤ&節約生活をスタート、毎週のようにお山に登っています。

認知症の母と過ごす「母の日」

引っ越しやらGWやらですっかり更新が滞ってしまった。 引っ越し先では想定外の騒音問題に悩み、でもGWは南アルプス・北アルプスでシーズン最後の雪山を楽しんだ。また追ってご報告を。 (2016年7月 イタリア ドロミテ)週末は田舎で家族と過ごした。認知症(…

80歳が車を手放す

田舎の母が車を手放すことになった。齢80歳である。初期認知症の治療を始めた1年前から家族の反対が強くなり、車に乗るのは近くのスーパーや友人訪問くらいになっていた。世間でも高齢者の車事故が多発し、免許の返納タイミングが議論されていた頃だ。 (敬…

「必要十分生活」に憧れる 

風邪でおとなしくしていた数日、久しぶりにゆっくり読書を楽しむ。 1冊目は「必要十分生活」(たっく著、2015年 大和書房)。自分は持ち物が少ない方だと思うが、世の中のシンプリストやミニマリストの生活は桁違いだなぁと驚かされる。この著者もこだわりぬ…

夏山のフライト2つめを予約 涙がでる・・

先ほど今年の夏山計画2つ目のフライト予約が無事完了。 マイレージ会員特典で一般より一日だけ早く予約できるのでPCに貼りついていたのだが、昨日先行しているプレミアム会員・有料会員予約で、すでに良い席は埋っていた。それにしても、はー。高い。 なんで…

寒いけれど、暖房器具は使いません (、まだね)

毎日寒いですね・・ でも、ガス・電気等の暖房器具はまだ使用していない。断捨離で電気カーペットとはおさらばしたので、我が家にあるのはエアコンのみ。夏もあまり稼働しなかったが、秋・冬もまだ出番無しだ。さて、暖かさのコツは以下3つ。・重ね着×重ね着…

零下15度+ 北海道の”霜の花” 朝日新聞1月16日付夕刊より

高尾山の”氷の花”を楽しんだ週末だったが、寒さ厳しい北海道では、なんと水蒸気が凍って花になるのだそうだ。 厳しい寒さが続く北海道の河川や湖の岸辺で、氷の上に「霜の花」が見られるようになった。立ち上る水蒸気が冷気に触れて一瞬で凍り、氷の結晶が花…

2017年の抱負 今ごろですが

今年をどんな年にしようか、ずっと考えていた。毎年、1年の目標を考え、手帳に書きつける。それを時々見返してみる。今年は無理だとして、いつかやってみたい夢、それも手帳にメモし、時々見返してきた。 そうやって何度も心に刻むことで、少しずつ、自動的…

(昔)あああ、やってしまった⤵ (今)もういいや、それで良いことにする

久しぶりにやってしまった。癇に障ったメールに対して、ピシッとリターンを決めてしまった・・ 昔の自分 冷静になってから深い自己嫌悪。人生半世紀近く生きてきて、まだこの未熟ぶり。まだまだですな・・・ (と、ひとしきり落ち込む。やりとりを再ループす…

「置かれた場所で咲きなさい」  渡辺和子さん逝去 天声人語より

昨年暮れに89歳で亡くなったノートルダム清心学園理事長 渡辺和子さんのことが、朝日新聞 天声人語で紹介されていた。 雪の朝、愛する父親が自分の目の前で凶弾に倒れる――。(中略)陸軍教育総監だった父渡辺錠太郎氏は昭和11(1936)年2月26日、…

東京は住んでいて楽しい場所

昨日はUターン ラッシュのピークと初売り客で、東京の要所要所はどこもすごい人出だった。いつも地味に暮らすセミリタイヤ人にとっては久しぶりの人混み。閑散たる田舎からの帰京なので、まさに人酔い寸前・・ ひとが多いのはたいへんだけれど、そうは言っ…

ジュウジュウゴエンがありますように

元日の午後、家人と近所の神社に初詣。 お賽銭に、”ご縁があるように”と5円を出そうとしたら、家人は10円しか小銭がないと言う。ふたりで10円玉2枚、5玉1枚を出すことに。 これで「ジュウジュウゴエン」(重ね重ねご縁)がありますように、になるんだそうな。…

2016年、がんばったこと3つ

振り返ると、今年は月日の経つのが早く感じた1年だった。40代最後の年、いろいろなチャレンジをしてみたけれど、特に記憶に残る3つはこれ。 第3位 ブログをはじめた(2月) annee.hatenadiary.com モンブラン登頂の挑戦が決まり、わくわくする一方で不安も…

セミリタイヤ後、年賀状もスリムダウンしている

今年も10日足らず。 重い腰をあげ、しぶしぶと年賀状の準備にとりかかる。フルタイム サラリーマンを辞め、いろいろな断捨離に取り組んできたが、年賀状書きもそのひとつ。 和の文化が好きで、ひとづきあいが薄い自分にとって、年賀状は大事にしておきたい慣…

家族は認知症を恐れすぎ? 朝日新聞デジタルの寄稿(久坂部羊さん)を読んで

老母の認知症治療をスタートし、約一年が経った。母が”認知症”という言葉にたいへんな拒否感が示すため、そうとは知らせず通院を始めた(それがまず、たいへんだった・・。) 脳のMRIを撮り、投薬をスタート。順調に薬のレベルを上げたが、副作用が出て断念…

なんども見返している録画 レベッカ「明日を信じて~栄光と挫折の物語~」 NHK SONGSスペシャル

NHK SONGSの「RADWIMPS」を観てから、手持ちの”音楽とその物語”を見返したくなった。過去のSONGSから、消去できなかった番組を再生してみる。 中でも今の気持ちに残るのは、レベッカの「明日を信じて ~栄光と挫折の物語~」(2015年12月放映) レベッカは80…

ゴスペルでXmasツリー点灯  愛は引っこめちゃダメ!

暖かな土曜日。 近場で開催された、Xmasツリー点灯式へ。 自分は無宗教者でXmasもお正月もあまり関係は無いのだが、みんなが楽しいと思って集うポジティブな行事に異論はない。イベントのために駆り出されたらしきゴスペル クワイアのパフォーマンスは素…

高尾山は20cmほどの積雪!? 東京観測史上初の11月の降雪

今日もどよーんとお勤めに。東京都市部に11月の雪が降るのは、なんと観測史上初だそうだ(横浜や甲府では54年ぶりの降雪)。 最終兵器のダウンコートを装着しつつ、はああ、何でお仕事、引き受けちゃったんだろー、と深く後悔する朝。。 せめても、自然豊か…

深谷かほるさんの「夜廻(まわ)り猫」にぐぐぐ、、 11月19日付朝日新聞より

11月19日付朝日新聞で知った「夜廻(まわ)り猫」。 『泣く子はいねが~~』、猫の遠藤平蔵が心で泣いている人たちの話を聴く、一話完結のショート ストーリー。2015年10月にツイッター掲載が始まってすぐに話題になっていたのだそうだ。 この夜の平蔵氏は、…

青梅で相次ぎクマ出没! 20日間で5回の目撃 

(知床 2015年6月 車道脇まで出てきたヒグマの仔を発見)11月11日(金)付 朝日新聞、東京【むさしの】版(29面)にクマのニュースが載っていた。 青梅市でツキノワグマが相次いで出没している。8日には、JR青梅線の御嶽駅から約200メートル東の多摩川左岸…

1年でいちばんつらい日 重さとの闘い

(ネパール エベレスト街道 2015年4月/ このシェルパは子どもだが30㎏近い食材を背負っていた)自分にとって1年でいちばんつらい日。それは歩荷トレーニングの日だ。(歩荷=ぼっか、と読みます) 所属する山のサークルでは、雪山登山を志すメンバーを中心に…

家族って何だろうね 血のつながりを考える

30年来の友人からメールをもらい、久しぶりのランチ。 『休職中なので、時間があったら』というお誘いに、ん?、と思っていたのだが、休職の理由はご家族の病気だった。 今年高校に入学したばかりのお子さんが、3か月前に脳出血で倒れたのだそうだ。『なんだ…

〈続〉 認知症と向き合う

毎週のようにお山に行ったり、年甲斐もなく?、あちこち旅行に飛び回ったりしている自分だが、ここ数年、いつも気持ちの根底にあるのが親の老いについてだ。 annee.hatenadiary.com母の言動に違和感を覚えたのはいつ頃からだったろうか。はじめは『ずいぶん…

認知症と向き合う

今年もはや11月。冠雪も見受けれられ、急速に晩秋から冬に向かっているのを感じる毎日だ。 帰省して、親と過ごす数日。 老いとたたかう親、その状況を見守る自分。”みながゆく道”と思いながらも、疲れた、頭が痛いと訴えられる言葉、繰り返されるおなじ質問…

セミリタイアびとの秋の一日

久しぶりに気持ちの良い秋晴れ。 こんな日はなんとなく気持ちが軽くなり、掃除もいつもよりていねいに、夏物の片付けなどもさくさくと進む。 断捨離がすすんだ我が家は、もう”年末の大掃除”などは必要ないくらいにこざっぱりしているのだが(殺風景とも言う…

傘寿を祝う (←みんな読める、の?)

さん-じゅ【傘寿】 80歳の長寿を慶ぶ日本の伝統行事。「傘」の略語が縦書きの八十に見えることから、80才を迎えた年にお祝いすることを言う。 (、だそう。「かさじゅ」と読んで失笑を買った・・・) 母の傘寿を祝いに、親族で食事会。何度も「今日はどこへ行…

自尊心を傷つけない

じそん‐しん【自尊心】自分の人格を大切にする気持ち。また、自分の思想や言動などに自信をもち、他からの干渉を排除する態度。プライド。「自尊心を傷つけられる」 コトバンク デジタル大辞泉> あるブログで、筆者(女性)が”パートナーに家事分担してもら…

人生の秋休み セミリタイヤの一日の過ごしかた

会社生活を離れて1年9か月。現在、人生の秋休み中。「まあ、夏休み、というか、」と言ったら、「おまえ、そんな齢じゃないだろう」と呆れられたので、人生の折り返し地点を過ぎている身として『秋』に変えてみる。 よく「暇でしょう、どうしてるの?」と聞か…

やっと来てくれた、待ってたよ~

まだ2年半しか使っていないのにいきなり壊れてしまったマイ プリンタ。修理代が高く、しかも時間が掛かりすぎるので、泣く泣く購入することとなった。 annee.hatenadiary.comじゃーん、届きました、新プリンタ。無線ラン接続もなんとかできて、ほっ。これで…

箱根駅伝ミュージアムに行ってきたよ

お正月の恒例イベント、箱根駅伝の歴史をたどることができる博物館に行ってきた。場所は箱根、芦ノ湖の畔で、駅伝の往路ゴール/復路スタート地点に隣接した小さな建物だ。 自分は箱根駅伝(正式名は『東京箱根間往復大学駅伝競走』)の熱狂的なファンという…

プリンターが絶不調・・・ 次はEPSON? Canon?

ここ数日調子が悪かったプリンター、とうとうご臨終のよう。。 パソコンからの打ち出しも単純コピーもできなくなってしまい、大弱り。 孤軍奮闘し、最後はインストールのやり直しまでしてみたが埒があかない。コールセンターに電話し、ずいぶん待たされた挙…

迎え盆

実家に帰省してお盆を迎えている。ヨーロッパから帰国した後は、人に会ったり、事務仕事を片付けたりしてから、田舎に戻った。(モンブランに登ったんだー、なんて言っても、誰も分かってくれないのだが。。)翌日はどうにも疲れが出て、午前中も午後もトロ…

今が人生の岐路

ここのところ、今、人生何度目かの岐路に立っているんだろうな、と感じる。帰省するたびに、まざまざと目にする母の老い。 記憶が加速度的に衰えているのもそうだし、気分のむらが出るようになったのもそう。 何かを組み立てて考えるということも、できなく…

君は、どうしたいの?

いささかストレッチ ゴールの計画に参加することにした。

スローバラード 清志郎に捧ぐ

四月、桜も散って新しいシーズンの始まりだ。