読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Climb every mountain

大自然の中にいるのがいちばん落ち着きます。40代後半からセミリタイヤ&節約生活をスタート、毎週のようにお山に登っています。

次はダイヤモンド富士  高尾山、冬の楽しみ

昨日は久しぶりに気持ちの良いお天気の中、高尾山詣でを楽しんだ。
annee.hatenadiary.com

年に5、6回は訪れる高尾山。
霜ノ華の頃、スミレの頃、新緑の頃、ビヤマウントに、歩荷トレーニング、そして「ダイヤモンド富士」に、という具合だ。
f:id:annee:20161106195450j:plain

ダイヤモンド富士とは:
富士山頂から太陽が昇る瞬間と夕日が沈む瞬間に、まるでダイヤモンドが輝くような光景が見られることがあり、この現象をタイヤモンド富士といいます。富士山と光輝く太陽が織りなす光景は、まさに自然の芸術といえます。

高尾山の山頂から見るダイヤモンド富士、タイミングとしては12月の冬至前後、見頃となるのは16時から16時半頃。ただ、ここ数年は、ドンピシャの土日は恐ろしいくらいの混雑必至なので、微妙に日程をずらして計画するようにしている。

あとはお天気次第。
昨年、一昨年は、日中は晴れ間が続いたのに、夕方になると富士山に雲がかかる残念な結果だった。でも、時によっては日の入り後に空が赤く焼け、富士山のシルエットが燃えるように見えることもある。


自然の作る景色はひとつとして同じものはない。今年も楽しみに出かけるつもり。


ありがとうございます。クリックで応援いただけると、とても励みになります。
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村