読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Climb every mountain

大自然の中にいるのがいちばん落ち着きます。40代後半からセミリタイヤ&節約生活をスタート、毎週のようにお山に登っています。

なんども見返している録画 レベッカ「明日を信じて~栄光と挫折の物語~」 NHK SONGSスペシャル

NHK SONGSの「RADWIMPS」を観てから、手持ちの”音楽とその物語”を見返したくなった。過去のSONGSから、消去できなかった番組を再生してみる。
中でも今の気持ちに残るのは、レベッカの「明日を信じて ~栄光と挫折の物語~」(2015年12月放映)
f:id:annee:20161204195701p:plain

レベッカは80年代に躍り出て世間を席巻し、90年代に活動休止・のち解散した彗星のようなバンドだ。バンド誕生の様子、駆け抜けた時代のエピソード、その後のメンバーの歩み等々。華やかな打ち出しの陰に、語られなかった物語がある。華やかで気ままな印象だったバンドが、時代にもてはやされ、やがては搾取されて疲れ切っていく様子が、時間を経て見るとよくわかる。

そんなつらさを抱き合わせた番組なのに、歌姫 NOKKOの歌声は素晴らしく、何度でも立ち止まって聞き入ってしまう力がある。

だけど明日は
もっといいこと
あると信じてたいの

Maybe Tomorrow

歌い切ったコンサートの表情が忘れがたい。
たった1日のコンサートのために再結成したバンド。楽しく、苦しくもあり、そしていつかは終わると分かっていた活動。その「いつか」に、自分自身で終止符を打つ。

なあんかね、人生の縮図のように見えました。
自分で人生に線を引く。誰にも、どんな形にせよ、いつかやってくるもの。

NOKKOは強くてかっこよかったよ。
大好きなPrivate Heroine、もう一回聴こう。







ありがとうございます。クリックで応援いただけると、とても励みになります。
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村