読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Climb every mountain

大自然の中にいるのがいちばん落ち着きます。40代後半からセミリタイヤ&節約生活をスタート、毎週のようにお山に登っています。

京都は宿泊激戦区 桜シーズンの人気宿は早くも売り切れ続出

東洋経済オンラインで、京都のホテル ラッシュの記事を見つけた。
zasshi.news.yahoo.co.jp

外国人観光客数が飛躍している京都

京都は外国人観光客の増加が著しく、年間観光客数は5000万人を突破。米旅行雑誌『トラベル+レジャー』で2014年、2015年と2年連続で”世界で最も魅力的な都市”に選ばれた影響も大きいらしい。

先日、三重・奈良の山旅の帰りに3年ぶりに京都に寄ったのだが、外国人観光客の多さと、街にあふれかえる英語表記に驚いた。ちょっとしたお弁当屋さんにも、”Obanzai To Go”(おばんざい、お持ち帰りできます)というポップがあるくらいなのだ。

一方で、京都ブランドの「質」を維持するために違法な「民泊」は厳しく取り締まられ、賃貸マンションや住宅をホテルやゲストハウスに転換するケースが増えているという。

f:id:annee:20161212122329j:plain
(2012年 京都 六角堂)

来春の予約に四苦八苦

実は、久しぶりに京都の桜を観に行こうとちょうど盛り上がったところで、さっそく宿押えにかかった。しかし、目当てのリーズナブルなホテルは桜シーズンの週末は全滅。それではと、ゲストハウスや町屋を探し、なんとか一軒予約を入れることができた。

それにしても、ホテル料金が3、4年前からずいぶん上り、ゲストハウスがずいぶん増えていることに驚く。サイトの表記も英語が多く、海外からのお客さまが増えていることを実感した。

京都ならではの、「町屋」という選択

自分が予約したのはこちらのサイトから。
www.machiya-inn.net

自分ひとりか、ふたりくらいの人数だったら断然ゲストハウスを狙うのだが、今回は5、6人のグループ旅行。なので、町屋を一棟借り切って、雰囲気を楽しみながらステイすることに。

気が早いけど、春の楽しみができた。
(でも、宿泊予約にはもう遅いくらい。考えているひとは急ぐべし!)


ありがとうございます。クリックで応援いただけると、とても励みになります。
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村