読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Climb every mountain

大自然の中にいるのがいちばん落ち着きます。40代後半からセミリタイヤ&節約生活をスタート、毎週のようにお山に登っています。

もうひとりの玉三郎 幽玄の「二人椀久」 十二月大歌舞伎

なんとも贅沢な演出に、感激でぼうっとしてしまった十二月歌舞伎「京鹿子娘五人道成寺」。
annee.hatenadiary.com

忘れないうちに、もうひとつの演目「二人椀久」に言及しておかなくては。

豪商である椀屋久兵衛は、遊女松山に入れあげた挙句、身代を傾ける。投獄中、夢の中で松山に再会して逢瀬を楽しむが、気がつけばすべては幻だったと知る。

松山太夫を玉三郎が、椀屋久兵衛を勘九郎が初演する。

f:id:annee:20161211162231p:plain

薄暗がりから始まる照明と長唄の響きが、もの悲しさを感じさせる幕開け。

今回は配役の妙もあり、懐の深い遊女松山と、ぼんぼんで打たれ弱い椀屋久兵衛、と見ることができた。勘九郎が若々しく、松山を失った深い嘆きと思慕が観客に伝わってくる。松山の幻として登場する玉三郎は、年若い情人を慰め慈しむような風情が、なんとも魅力的で、また悲哀も感じさせた。

娘道成寺とはまったく違って見えた玉三郎
どちら素晴しく、どちらも忘れがたい。

同じ時代に生きていて、この舞台を共有できるなんんて、なんとも幸せなことだ。


ありがとうございます。クリックで応援いただけると、とても励みになります。
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村