読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Climb every mountain

大自然の中にいるのがいちばん落ち着きます。40代後半からセミリタイヤ&節約生活をスタート、毎週のようにお山に登っています。

受け取ったら、次に渡さなくては

登山を終えるたびに、無事に戻ってこられたことを感謝する。
事故の多い下山時は特に、集中しろ、絶対転ぶな、と念じながら歩いている。

山のサークルに入って、たくさんのアドバイスをいただいてきたのだが、1番多く心の中でつぶやいているのは”遭難タイム”と言う言葉。

山の事故は午後の早い時間に起こりやすい。
・目的のピークを踏んで気持ちが緩んでいる
・身体は疲れている
・いま歩いているこの道ではなく、次の何か(下山後のビールとか、次の山行とか)に気を取られがち

下山時につまづいたり、転びそうになったり、そんな様子が見られたら、それは”遭難タイム”の始まりなのだ。

f:id:annee:20161215210139p:plain


自分が学んできたことを、次の世代に渡さなくちゃなあ、と思うようになった。
”遭難タイム”もそのひとつ。
テント泊のノウハウもそのひとつ。


自分が受け取ってきたいろいろなことに感謝しつつ、自然なかたちで、それを渡していけたらいい。



ありがとうございます。クリックで応援いただけると、とても励みになります。
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村