読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Climb every mountain

大自然の中にいるのがいちばん落ち着きます。40代後半からセミリタイヤ&節約生活をスタート、毎週のようにお山に登っています。

零下15度+ 北海道の”霜の花” 朝日新聞1月16日付夕刊より

高尾山の”氷の花”を楽しんだ週末だったが、寒さ厳しい北海道では、なんと水蒸気が凍って花になるのだそうだ。

f:id:annee:20170116173450p:plain

厳しい寒さが続く北海道の河川や湖の岸辺で、氷の上に「霜の花」が見られるようになった。

立ち上る水蒸気が冷気に触れて一瞬で凍り、氷の結晶が花のように育っていく現象で「フロストフラワー」とも呼ばれる。北海道東部の釧路湿原を流れる釧路川の岸辺では、連日の冷え込みで白い花畑のように幻想的な世界が広がった。外気が零下15度以下に下がり、雪が降らず、風がないことなどが見られる条件。

(2017年1月16日 朝日新聞 夕刊より)

自然の力ってほんとうにおもしろい。
日本の中でも知らないことがたくさんあるんだから、世界のあちこちには想像もつかないことが溢れていると思う。
旅にでかけたくなる記事。

*投稿したつもりが下書きのままで眠っていた。失敗失敗。

ありがとうございます。クリックで応援いただけると、とても励みになります。
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村