読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Climb every mountain

大自然の中にいるのがいちばん落ち着きます。40代後半からセミリタイヤ&節約生活をスタート、毎週のようにお山に登っています。

「必要十分生活」に憧れる 

風邪でおとなしくしていた数日、久しぶりにゆっくり読書を楽しむ。
1冊目は「必要十分生活」(たっく著、2015年 大和書房)。

自分は持ち物が少ない方だと思うが、世の中のシンプリストやミニマリストの生活は桁違いだなぁと驚かされる。この著者もこだわりぬいたモノを厳選して使っていて、例えば愛用のボールペンの紹介はこんな感じ。

そのような単機能製品の代表格が「油性ボールペン証券細字用(三菱鉛筆)」です。名前を聞いて「なんだそれ」と思うかもしれませんが、だれもが一度は見たことのあるボールペンです。
 細字を書くために必要十分な太さと長さがあり、さらに微妙に角張っているので、転がっていくことがありません。芯を出すためのノックと戻すためのボタンが別々になっており、ひとつのボタンにひとつの機能という原則を貫いています。
 しかも、中に入っているインク芯が非常に上質で、ダマにならず、書き味もなめらかです。80円という低価格も魅力的ながら、しっかりと替え芯も販売されているところが素晴らしいです。

「単機能は多機能に勝る」より

f:id:annee:20170204112212p:plain

私はカバン(リュック)やボールペンを1つしか持っていませんが、自分が要した唯一の品は、一品料理のようだと思います。つまり「うちはこれ一本でやっております」というものです。それさえあれば間違いなし。確実に満足でき、他には何もいらないという品です。
 品数が少ないので、当然選択肢はありません。しかし、選択肢がないというデメリットが、ここでは一流品を迷わず選択できるというメリットに変わるのです。


「選ばなくていいことは一流の証である」より

面白いねぇ。こんな文章を読むと、自分もこの”証券細字用”というボールペンがにわかに欲しくなってしまう。
目をやると本棚にある自分のペン立てにはペンが溢れている。あれがそっくり無くなって、引き出しにペン一本だったらどれだけ気持ちが良いことだろう。

しかし、、、
使えるものを途中で捨てることができない昭和な自分には遠い道のりだ。
「買わない生活」「使い切る生活」でモノがゆっくり減っていくのを地味にまつんだろうな、これからも。


ありがとうございます。クリックで応援いただけると、とても励みになります。
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

必要十分生活~少ないモノで気分爽快に生きるコツ~

新品価格
¥1,296から
(2017/2/4 11:20時点)