Climb every mountain

大自然の中にいるのがいちばん落ち着きます。40代後半からセミリタイヤ&節約生活をスタート、毎週のようにお山に登っています。

皇海山から庚申山へ 奇岩巡りとコウシンソウ

6月半ばの週末、上州の100名山 皇海山へ。
アクセスが難しい山で、今回は沼田近くのペンション、オウレットさんに前泊し、群馬側の皇海橋からアプローチ。
宿の車でダートの林道を1時間以上かけて送迎してもらう。ありがたいサービスだ。

皇海山までは沢の急登をゆっくり登る。
f:id:annee:20170620080256j:plain

山頂は視界があまりなく、かろうじて日光白根山が見えた。
f:id:annee:20170620080332j:plain

さて、今回の胆はここから。皇海山から鋸山を経て、破線ルート(昭文社地図のバリエーション扱い)で庚申山へ向かう。
鋸山までは実線ルートだが、いきなり山容が変わり、岩場歩きとなり緊張する。
f:id:annee:20170620080401j:plainf:id:annee:20170620080508j:plain

この後も、梯子、鎖、長い岩場の下りが続き、久しぶりに緊張でアドレナリンが噴き出す感覚を思い出した。


危険マーク箇所を過ぎると、シャクナゲ、コウシンコザクラ、シロヤシオが迎えてくれる。
f:id:annee:20170620080436j:plainf:id:annee:20170620080540j:plainf:id:annee:20170620080609j:plain

これまた地味な庚申山 山頂。
f:id:annee:20170620080643j:plain


そしてお目当てのコウシンソウ!
庚申山の固有種であるこの食虫植物は、水気の多い岩壁を好むそうで、6月中旬から7月上旬に見ることができる。
山の先輩にこの花を見ることができる場所を教えてもらい、じっくり探してみつけることができた。
f:id:annee:20170620080720j:plainf:id:annee:20170620080736j:plain

この日は庚申山の中腹にある有料無人小屋、庚申山荘に宿泊。素泊まり¥2050。
布団はお借りすることができ、水は潤沢、トイレはバイオできれいと、山ノボラーならばきっと嬉しくなる山小屋だ。
f:id:annee:20170620080802j:plain
f:id:annee:20170620080831j:plain

翌日は庚申山の奇岩を歩く「お山めぐり」
f:id:annee:20170620080854j:plain

奇岩に梯子、切れた痩せ尾根など、スリリングな山歩きを楽しんだ。
f:id:annee:20170623074730j:plainf:id:annee:20170623074950j:plainf:id:annee:20170623075234j:plain

銀山平に下山して、タクシーでわたらせ渓谷鐡道 通洞駅へ。
水沼駅構内にあるレトロな温泉センターで汗を流す。
f:id:annee:20170623080139j:plain

梅雨の合い間に100名山、奇岩と稀少な花を巡って歩いた2日間。
リーダー、今回も面白い企画、ありがとう!


ありがとうございます。クリックで応援いただけると、とても励みになります。
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ミヤマキリシマ三昧 九州の3座を3日間で巡る山旅

6月3日から5日にかけて、南九州のお山巡りを楽しんだ。

1日目 100名山の韓国岳と大浪池

朝、羽田から鹿児島へ。富士山がきれいに見えている。
f:id:annee:20170620070751j:plain
霧島連山は火山警告レベルが高く、残念ながら硫黄岳には登れないが、大浪池を半周して韓国岳、そこからえびの高原へ降りるルートを取る。

空港からタクシーで大浪池登山口へ。
きれいなツツジが咲いているなぁ、と思ったら、実はそれが目指すミヤマキリシマだった。
f:id:annee:20170620070811j:plainf:id:annee:20170620070838j:plainf:id:annee:20170620071054j:plain

大浪池をぐるっと縁取る花を楽しみながら韓国岳へ。
段差のある木道を我慢の子で登った。
f:id:annee:20170620071023j:plain
大きな爆裂火口。
f:id:annee:20170620071330j:plain

えびの高原登山口まで宿の車に迎えて来てもらい、国民宿舎 新燃荘へ。
f:id:annee:20170620071217j:plain
歴史ある建物で、やわらかいお湯が最高に気持ちいい。
食事が美味しく、ちょっとひねりもあって楽しめた。おススメです!

2日目 ミヤマキリシマでピンクに染まる霧島峰

宿からタクシーで高千穂河原登山口へ。
白いコガクウツギが迎えてくれる。
f:id:annee:20170620071748j:plain

ザレザレの道を登っていくと、山全体がうっすらとピンク。
f:id:annee:20170620071936j:plainf:id:annee:20170620072005j:plain
満開のミヤマキリシマだ!
f:id:annee:20170620072047j:plainf:id:annee:20170620072116j:plainf:id:annee:20170620072145j:plain
ピンクに染まったお鉢をぐるっと歩き、最後は逆鉾のある最高点へ。
f:id:annee:20170620072311j:plainf:id:annee:20170620072345j:plain
振り返る道もミヤマキリシマの花、また花!
f:id:annee:20170620072439j:plain

下山後はタクシーで霧島神社に寄り道してから、JR霧島神宮駅へ。
f:id:annee:20170620072721j:plainf:id:annee:20170620072903j:plain

車窓から桜島をみながら、JR山川駅へ。
f:id:annee:20170620072941j:plain

駅前の「くりや旅館」は素泊まり¥3500。
併設された食堂で新鮮な海の幸を楽しめる、使い勝手の良いお宿だった。
f:id:annee:20170620073038j:plain

3日目 100名山の開聞岳から南シナ海を臨む

最終日も宿からタクシー駆使で開聞岳2合目登山口へ。
f:id:annee:20170620073341j:plainf:id:annee:20170620073413j:plain
さすがに本州最南端の百名山。植生が南国だし、暑い・・!
樹林帯から時々海を覗くことができてテンションがあがる。
f:id:annee:20170620073447j:plainf:id:annee:20170620073528j:plain

月曜日とあって山頂貸切!気持ちいい!
f:id:annee:20170620073638j:plainf:id:annee:20170620073723j:plain

下山後は砂風呂「砂夢里」、露天風呂「たまて箱温泉」へ。
海に面した露天風呂からは、さっき登った開聞岳がばっちり見えて満足度120%だ。
f:id:annee:20170620074348j:plain


『山全体がピンクに染まって見えるんだよ』。
山トモから聞いて以来、ずっと温めていたミヤマキリシマを愛でる山旅。ようやく念願かなって、満足満足。
山も宿も温泉も食事も、すべて楽しめました。


またいつか行きたいな。
花と山と温泉の九州。


ありがとうございます。クリックで応援いただけると、とても励みになります。
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ただいま九州訪問中。晴天なり!

週末を利用して九州へ遠征中。
f:id:annee:20170604141128j:plain

今日はミヤマキリシマの咲き乱れる高千穂峰へ登ってきた。
f:id:annee:20170604142343j:plain

うっすら見える桜島を眺めつつ、さらに南へ移動中。 

あと一日、お天気よ、もってくれ~
またレポートします。

ありがとうございます。クリックで応援いただけると、とても励みになります。
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

忘備録 5月のお山 甲斐駒ケ岳・立山・山菜山行

はや6月!忘れないよう、5月のお山の忘備録。

甲斐駒ケ岳

GW前半は初・南アルプス甲斐駒ケ岳。歌宿から入って北沢峠でテント泊。
f:id:annee:20170602065850j:plain

駒津峰から山頂までは直登ルートをとらず、長いトラバースの夏道を行く。
滑落できないので、ここが一番気を遣ったかもしれない。

頂上は貸切状態!
f:id:annee:20170602065928j:plain

北岳がほれぼれするほどカッコよかった。
f:id:annee:20170602070041j:plain

立山

GW後半は立山
雷鳥沢にテントを張り、別山、大汝、雄山、浄土山とぐるり一周。

f:id:annee:20170602070156j:plain

振り返れば岩と氷の殿堂、剱。
f:id:annee:20170602070244j:plain

雷鳥が可愛かった!
3日間で20回は見ただろうか。
f:id:annee:20170602070347j:plain
f:id:annee:20170602070423j:plain

見渡すスケール感にほれぼれ。。
中央左寄りに見えるきれいな尖った形が笠ヶ岳(のはず)。
f:id:annee:20170602072821j:plain

一方、入り口の室堂はまさに雪の大谷ウォークシーズン。観光気分も味わえた。
f:id:annee:20170602070456j:plain

外国からの旅行者が多く、富山では各種外国語のガイドブックが溢れているのに驚いた。
f:id:annee:20170602070853j:plain

山菜山行

5月後半は山菜山行。
昨年と同じ、越後駒ケ岳の麓にある駒の湯さんにお世話になる。
f:id:annee:20170602070958j:plain

こしあぶら、タラの芽、うど、ミズ、ぜんまい、イタドリ、うるい、姥百合、、
いろいろ食べました。
f:id:annee:20170602071033j:plain

駒ケ岳もばっちり。
f:id:annee:20170602071130j:plain

沢の水音、鳥のさえずり、春の花々、ほんとうに気持ちがいい。
f:id:annee:20170602071207j:plain
f:id:annee:20170602071241j:plain

そして、駒の湯は温泉だけでなく食事も◎。
たまにはこんな贅沢もいい。
f:id:annee:20170602071338j:plain


ありがとうございます。クリックで応援いただけると、とても励みになります。
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

認知症の母と過ごす「母の日」

引っ越しやらGWやらですっかり更新が滞ってしまった。
引っ越し先では想定外の騒音問題に悩み、でもGWは南アルプス北アルプスでシーズン最後の雪山を楽しんだ。また追ってご報告を。

f:id:annee:20170516075311j:plain
(2016年7月 イタリア ドロミテ)

週末は田舎で家族と過ごした。認知症(初期)の母は同じ質問を何度も繰り返す。一番たくさん聞かれるのは「、それで、おまえはどうやって暮らしているんだい?」。


そのたびに、週3日程アルバイトをしていること、勤め先はこんな施設で、やっているのはこんなこと。アルバイト料はいくらくらいで、それでは暮らしていけないけれど、まあ独りの身で貯金もあるので何とでもなるよ、と説明する。滞在2日間ほどの間に20回は話しただろうか。

反応はそのたび毎に少し違うが、必ず最後に出てくるのが「何かあったら相談しなさい」「お金が足りなかったらちゃんと言いなさい」という言葉。
短期記憶だけでなく、昔の記憶もだんだん怪しくなり、自分で物語を創造するようになってきた。それでも、自分の子どもが正規の職についていないことだけは分かって、心配してくれる。
どんな時でも母親は母親。
頭が下がる。

あ、でもね、心配事がある方がボケが進まなくていいのかも!、と思っています。
あまり手を出すと何もしなくなってしまうからと、家人も”敢えて” 80歳の老親に食事を作ってもらったり、花を切ってもらったりしているらしい。(母に言わせれば、『年寄りをこき使って!』だが・・)


さて、何だか早くも梅雨のような様相の毎日。
週末は待ちに待った山菜山行。たくさん山菜を食べてくるぞー!
晴れを願って。


ありがとうございます。クリックで応援いただけると、とても励みになります。
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

すっかり春の趣、谷川岳 

週末は谷川岳へ。
春山の雪上訓練と実践登山の2日間だ。


見てください、この穏やかな空気!もうすっかり春の風情。
f:id:annee:20170417213558j:plain


天神尾根は1箇所ちょっと嫌な岩の露出があるが、その他はトレースもばっちり。岩がゴロゴロしている夏道よりはずっと歩きやすい。
ゆっくり登って約3時間で最高峰、オキノ耳。
f:id:annee:20170417213745j:plain


ところどころにある見事な雪庇。
晴れていれば見落としは無いだろうが、ガスっていたら雪も背景も溶け込んでしまうから、踏み抜きには注意が必要だ。
f:id:annee:20170417214041j:plain


仙ノ倉、平標へと続く稜線。
いいねー、惚れる!
f:id:annee:20170417214322j:plain



GWで春山も締めくくり。そう思うと雪を楽しめるシーズンって、長いようでほんとうに短いんだよね。冬テントも〆だし、美味しい山メシを考えるぞ~


ありがとうございます。クリックで応援いただけると、とても励みになります。
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

春の京都 喧騒を逃れ、鞍馬山から貴船神社へプチトレッキング

4月の第一週、桜を求めて京都へ。
この時期の京都駅周辺は国内、海外からの旅行者で恐ろしいほどの混雑・・。

自分たちは都を抜け、一車輛で運行する叡山電鉄の最終駅、鞍馬へ。
f:id:annee:20170406080656j:plain


駅には鞍馬天狗も。
f:id:annee:20170406080722j:plain


牛若丸とのゆかりが深く、至るところに源義経の若き日にまつわるお話が残る。良い風情の和菓子屋さんには「牛若餅」¥120も。美味かった。
f:id:annee:20170406081014j:plain

古からの歴史を感じさせる山門、御神木。良い気をいっぱいに吸い込む。
f:id:annee:20170406080749j:plain


鞍馬山を登り(ピークは踏まない)、反時計回りで貴船神社へ下る。靴底の薄いコンバースでも、のんびり2時間ほどで周回できるが、逆コースの登りは、観光としてはちょっとしんどいかも。

貴船神社は水の神様のおわすところ。水が祀られ、石を積み上げた舟が祀られ。2時間ほどのコースだが、中心街の賑わいと離れ、気持ちの良い散策を楽しめた。
f:id:annee:20170406080816j:plain

f:id:annee:20170406080852j:plain

最終日は開花宣言した醍醐寺へ。

醍醐の花見の頃から、みんな桜を愛でてきたんだろうなぁ。
f:id:annee:20170406080926j:plain
f:id:annee:20170406080950j:plain

春爛漫。
東京の桜もこの週末で見納めだね。


ありがとうございます。クリックで応援いただけると、とても励みになります。
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村